ライター(日本語・英語)、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート、ワイン検定講師。ワイン、クルーズ、旅行の媒体で執筆中。取材と執筆は日本語と英語で行います。

最 新 記 事

WINE & FOOD

New York Wine & Grape Foundationのニュースレターで私の記事が紹介されました。

日本の記事がニュースレターで紹介されることは今までほとんどなかったそうです。著名なワインライター、ニューヨークタイムズやワシントンポストの記事に並んで紹介されたこと、とてもうれしく思います。タイトルは「ニューヨーク、オレゴン、ワシントンを20分間で巡るーエキサイティングなミニワイントリップー(An Exciting Mini-Wine Trip Through New York, Oregon, ...
WINE & FOOD

ギリシャチーズの夕べ――PDO(原産地呼称保護)の大切さを考える――

ギリシャワイン専門インポーター「ノスティミア」が開催した、『PDO(原産地呼称付き)ギリシャ産チーズを知る会』(2024年3月12日、Ivy Place/東京都渋谷区、ギリシャ大使館後援)に参加した。 このイベントは、全国農業協同組合連合会(ETHEAS)というギリシャの農業協同組合が母体となり、ギリシャのPDO(原産地呼称付き)食材の認知度を広めるために、日本だけでなく、シンガポールやベトナムで...
WINE & FOOD

パソ・ロブレスー誰もが夢を追える、クールで多様性豊かなワイン産地

カリフォルニアワイン協会は、年に一度大規模な試飲会「ALIVEテイスティング」を開催している。2024年度のテーマはパソ・ロブレス。試飲会前日に行われたプレスイベント「多彩で魅力あふれるパソ・ロブレスのワインとアメリカンBBQ食体験」(2024年2月19日昼の部、ウェーバーストア青山)に参加した。 筆者は実のところ、パソ・ロブレスという産地に非常に興味を持っていた。なぜなら「このカリフォルニアワイ...
PORTFOLIO WINE & FOOD

パイサジェス・ピカシアンズ〜スペインから初上陸!一度で魅了される、無添加オレンジワイン~:スコルニプレス 2024年3月29日(スコルニワイン)

「パイサジェス・ピカシアンズ」は、天才芸術家パブロ・ピカソが毎日飲んだであろう、味もビジュアルも完璧なオレンジワインです。 高品質なガルナチャ・ブランカで造られたこのオレンジワインは、サクラアワードにてダブルゴールド他4部門の受賞を果たしました。 "SAKURA" JWWA Grand Tasting 2024(2024年4月24日、ホテル雅叙園東京)にて、スコルニワインのブースで試飲していただけ...
WINE & FOOD

ニューヨーク、オレゴン、ワシントンを20分間で巡るーエキサイティングなミニワイントリップー

「FOODEX JAPAN 2024」(2024年3月5日(火)~8日(金)、東京ビッグサイト)にて、ニューヨークワイン&グレープ財団と米国ノースウェストワイン協会が特別試飲セミナー(3月5日1日限定、全4回、各20分間)を共催した。 各回とも特別講師はソムリエの太田賢一氏である。太田氏は20年のソムリエ歴を持ち、ミシュラン3つ星店を含む3店舗と業務提携を行う新世代型ソムリエだ。太田氏からテイステ...
CULTURE & ENTERTAINMENT WINE & FOOD

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会が「FOODEX JAPAN 2024」に出展ー 40kgものチーズを「割る」パフォーマンスでビジターを魅了ー

「FOODEX JAPAN 2024」(2024年3月5日(火)~8日(金)、東京ビッグサイト)に、今年もパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会が出展し、4年ぶりに来日した協会のシモーネ・フィカレッリ氏がホールチーズのカッティングショーを行った。 パルミジャーノ・レッジャーノのカッティングとは、切るのではなく割ることを意味する。 フィカレッリ氏の手さばきは実に鮮やかだ。26ヶ月の熟成を経た大太鼓...
MY VIEWS WINE & FOOD

恩師、ビストロでのアルバイト、ボルドーの赤ワイン、今だから分かること、Chateau Figeac 2000

20代のとき、ビストロでアルバイトをしていた。 フリーランスになったばかりでまだまだ安定した収入確保には程遠かったので、友人を通じて月に数回シフトに入れてもらうことになったのだ。毎日飲むくらいワインが好きで興味を持っていたので、まさに「渡りに船」のアルバイトだった。 実家のある広島にあったそのビストロのオーナーシェフは、村上さん(仮名)という名の当時50代後半の男性だった。毎日ほぼ満席のそのビスト...
PORTFOLIO TRAVEL & CRUISE

WEB CRUISE クルーズストーリー 2023年12月27日

飛鳥Ⅱでめぐる小豆島・阿波 美食、美酒、美景をたっぷり味わう6日間 飛鳥Ⅱでは、定期的に「食巡り」クルーズが催行されます。 食材の生産者さんが乗船し、乗客と対話したり講演を行ったりなど、食材への造詣を深める機会にもなります。今回お会いしたのは、小豆島のオリーブ園の方々と、日本料理人としても活躍するハモの生産者さんでした。 オリーブ園ではすべて手摘みでオリーブを収穫するとのこと。オリーブとワインは、...
CULTURE & ENTERTAINMENT PORTFOLIO

YNKs交遊録 2023年12月23日

YNK(インク)とは、Yaesu、Nihonbashi、Kyobashiのこと。東京駅八重洲口前に広がるYNKは、日本有数のビジネス拠点でありながら、江戸時代から続く文化的・歴史的な資産が豊富なエリアです。『YNKs』はこのエリアの魅力を伝えるルチャーメディア。「まち」の魅力を注目のクリエイターやアーティスト達が伝えます。 YNKs交遊録の第一弾となる記事では、世界的なフォトディレクターとアーティ...
CULTURE & ENTERTAINMENT WINE & FOOD

メルシャンのエグゼクティブ・ワインメーカー安蔵光弘氏が選ぶワインに合わせて、「文喫」が選んだ本を楽しむ、ワインと本のマリアージュセットが発売されます

メルシャンの新 EC サイト 「WINE & DOORS(ワイン・アンド・ドアーズ)」オープン記念イベント(11 月 29 日、センチュリーコート丸の内)にプレス枠でご招待いただきました。 ワインと本、ワインと音楽、ワインとアート、ワインとコーヒー・・・・・・聞いてるだけでワクワクしますよね。 「WINE & DOORS(ワイン・アンド・ドアーズ)」は、ワインの販売だけでなく、さまざまな体験型コン...
CULTURE & ENTERTAINMENT WINE & FOOD

ワインの風味がクリアに感じられた!堀杏子著『息を吐くだけでカラダの不調が消える呼吸革命 』

呼吸コーチ・ヨガインストラクターの友人、堀杏子さんが『息を吐くだけでカラダの不調が消える呼吸革命 』を出版しました。近年きわめて難度が高くなった書籍の商業出版で、しかも本屋の棚に並べられて販売されます。でも私の周りには書籍の商業出版を決める人が多いのです。(私は来年ね) 出版記念イベント【出版&呼吸トレイベント!東京】(11/25(土))にいそいそ参加しましたよ。 本をめくりながら、杏子さ...
PORTFOLIO WINE & FOOD

AIの時代だからこそ際立つ、ソムリエというプロフェッショナル:スコルニプレス 2023年10月26日(スコルニワイン)

|ライター、ワインエキスパート 冨永真奈美がAIの時代におけるソムリエというプロフェッショナルについて語ります
TRAVEL & CRUISE WINE & FOOD

大阪への旅、シャンパーニュ騎士団叙任式典とガラディナー

第12回シャンパーニュ騎士団叙任式典とガラディナー(「ORDRE DES COTEAUX DE CHAMPAGNE」)に参加するために大阪へ行った。 その大阪で、東京の知り合いに2人も遭遇した。 一人はキプロス大使館にお勤めの友人。日本語、ギリシャ語、英語を話し国際的な業務に従事するとても有能な青年である。大阪は広いのに、同じ日に同じ時間に同じ地下鉄の車両に乗り合わせるなんて。ツーリズムEXPOジ...
TRAVEL & CRUISE

客船「飛鳥Ⅱ」で行く「小豆島・阿波オータムクルーズ」乗船取材(2023年10月21日~26日)

小豆島について、いつか書きたいと思っていた。 香川県小豆島の記事をいろんな媒体で読むたびに、「その島のこと書くなら私じゃないかなあ」などと心の中でブチブチ思っていた。思い続けていれば実現するものである。 しかも、美酒に酔い、美食に舌鼓を打ち、美観を堪能するクルーズだ。飛鳥Ⅱの美味な食事を毎日朝昼晩3度味わい、しかも日中はおやつやスナック、夜はバルメニューまで楽しめる。スペシャルトピックはカクテル1...
WINE & FOOD

30年という歳月、カヴァ、エウダルド・マッサナ・ノヤ (EUDALD MASSANA NOYA)、民酒党の夜

カヴァの生産者を迎えた会食へ、スペインワイン専門商社のスコルニワインからお誘いをいただいたので、通訳を兼ねて参加した。   スコルニワインさんとはライターとしてコラボしている。 来日したOriol Massana(オリオール・マッサナ)氏は、10代続くエウダルド・マッサナ・ノヤ (EUDALD MASSANA NOYA)の長男でワイナリーのCOO(チーフオペレーティングオフィサー/ディレクター)で...
WINE & FOOD

ロマネコンティの会(2020)

ロマネコンティの会(2020)に参加しました。良き体験でした。 1、B de Boërl & Kroff 2005’ / Boërl & Kroff ビー・ド・ボエル・エ・クロフ 2005年 / ボエル・エ・クロフ 2、Batard Montrachet 2005'/ Domaine Leflaive バタール・モンラッシェ 2005年 / ドメーヌ・ルフレーヴ 3、Chambol...
WINE & FOOD

ボルドーのワイン会(2020年)

2020年に参加したボルドーのワイン会について。良き懐かしき思い出です。 1、Brut 1976' / Lanson ブリュット 1976年 / ランソン 2、Domaine de Chevalier Blanc 1989' ドメーヌ・ド・シュバリエ ブラン 1989年 3、Chateau Grand Puy Ducasse 1989' シャトー・グランピュイ・デュカス 1989年 4、Chate...
CULTURE & ENTERTAINMENT WINE & FOOD

渋谷フレンチフェスティバル2023(シブフレ2023)プレオープニング・ナイトパーティ(9月29日、CÉ LA VI Tokyo、東急プラザ渋谷)

「渋谷フレンチフェスティバル2023」(シブフレ2023)(フランス農業・食料省主催)のプレオープニング・ナイトパーティにご招待いただいたので行ってみた。 「ル・マルシェ」(9/30土、10/1日)、「レストラン・ウィーク」(10/1日~10/15日)、フレンチ・チーズ・ジャーニー・トゥ・シブヤ(9/30土、10/1日)からなるこのシブフレ2023を、毎年楽しみにしているフレンチグルメファンは多い...
TRAVEL & CRUISE WINE & FOOD

大阪は別の国、大阪トリップ、大阪でパリ風クレープ、大阪で世界のワイン博物館、大阪でメドックワインマスタークラス2023(ホテル日航大阪 32階スカイテラス、9月26日)

久々に大阪を旅した。 メドックワインマスタークラス2023が大阪で開催されたのも理由の一つである。私はボルドーのワインが好きだし、関西の友人にも会いたいし、行ってみたかった大阪の友人のお店もあったし、いくつか用事もあったしなど、いくつも行くべき理由があった。 2つの地域名AOC、6つの村名AOCのワインを、クリュの説明も受けながら系統的に試飲してみたかったので非常に良い機会だった。8つのシャトーか...
WINE & FOOD

プレスイベント ガンベロロッソ&オルトレポ・パヴェーゼ協会ワインセミナー(9月14日、リストランテ イタリアーノ エトゥルスキ)

ワインのプレスイベント ガンベロロッソ&オルトレポ・パヴェーゼ協会ワインセミナー (9月14日、リストランテ イタリアーノ エトゥルスキ) ガンベロロッソ&オルトレポ・パヴェーゼ協会ワインセミナーに参加した。 ガンベロロッソ編集長のMarco Sabellico氏そしてオルトレポ・パヴェーゼ協会事務局長のCarlo Veronese氏の説明を聞きながらオルトレポ・パヴェーゼのワイン10種類を試飲し...

ニュースレター登録

毎日毎日、忙しくて大変ですよね。
なにか楽しいこと、おもしろいことないかなあ、
と思った頃に届くかもしれないレターです。
登録しといたほうがよいかもしれません。

S N S

プ ロ フ ィ ー ル

冨永真奈美(とみながまなみ)Manami Tominaga

冨永真奈美

ライター、翻訳家、JSAワインエキスパート、ワイン検定講師

ライター、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート、ワイン検定講師。
ワイン、クルーズ、旅行の媒体で執筆中。取材と執筆は日本語と英語で行います。

お問い合わせ

執筆や取材のお問い合わせは
以下のフォームからお願いいたします。
*印のついたものは必須項目です。
可能でしたら、お持ちのウェブサイト等の
URLも記入してください。